セプティミウス・セウェルス ( AD193 - AD211 )

+
septimius_severus_01 obv. septimius_severus_01 rev. Denarius
21mm, 2.68g
AD202 - AD210 , Rome


初のアフリカ出身の皇帝。
187年に「王と結婚する」と占われていたユリア・ドムナと結婚。 ペルティナクス帝の暗殺後の193年に軍団兵により皇帝に推戴される。 ライバルはシリア総督のペスケンニウス・ニゲルとブリタンニア総督 クロディウス・アルビヌスであったが、197年までに 彼らを鎮圧する。 211年、ブリタンニア遠征中に死の床に着く。 子供たちに「互いに仲良くせよ。兵士たちに金を与えよ。 そしてその他のことは無視せよ。」と言い残したのだが、 帝国の半分の権力では不満だったらしく、 長子カラカラは次子ゲタを殺してしまう。
彼の残した建造物の中では、フォロ・ロマーノに今も残る 「セプティミウス・セウェルスの凱旋門」が有名である。


+
julia_domna_01 obv. julia_domna_01 rev. Denarius
19.5mm, 2.57g
AD196 - AD211 , Rome


+
julia_domna_03 obv. julia_domna_03 rev. Denarius
20mm, 2.87g
AD196 - AD211 , Rome

裏:カラカラとゲタ

セプティミウス・セウェルスの妻。カラカラゲタの母。
シリアのエメサの神官の娘で187年にセプティミウス・セウェルスと結婚。 211年に夫セプティミウス・セウェルス帝が死んだ後、二人の息子カラカラと ゲタが共同皇帝になったが、この二人の仲は険悪で、カラカラは 母ユリア・ドムナの面前で弟ゲタを殺害する。 自分の息子たちの殺し合いを目の前にしたユリア・ドムナの気持ちは どんなものであっただろうか。 想像するとやりきれないものがある。
217年にカラカラが殺されたあと自殺する。


ペスケンニウス・ニゲル 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) カラカラ


Copyright(C) augustus

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
ペスケンニウス・ニゲル 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) カラカラ

+ 共和政

+ ユリウス・クラウディウス朝

+ フラウィウス朝

+ 五賢帝の時代

+ セウェルス朝
--> セプティミウス・セウェルス
  ----> ユリア・ドムナ
--> カラカラ
  ----> ゲタ
  ----> プラウティラ
--> マクリヌス
--> エラガバルス
  ----> ユリア・マエサ
  ----> ユリア・ソアエミアス
  ----> ユリア・パウラ
--> アレクサンデル・セウェルス
  ----> ユリア・ママエア

+ 軍人皇帝の時代

+ 帝国四分割とその後

+ コンスタンティヌスの一族

+ ローマ帝国の黄昏

+ ビザンツ帝国

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
古代ローマ