共和政ローマ ( BC753? - BC27 )

+
renia_01 obv. renia_01 rev. Denarius
16mm, 3.5g
BC138

表:女神ローマ

+
republic_08 obv. republic_08 rev. Denarius
21.3mm, 3.9g
BC89 , Rome

表:タティウス王、 裏:サビニ族の娘の略奪

+
republic_10 obv. republic_10 rev. Uncia
17mm, 3.3g


+
republic_29 obv. republic_29 rev. Quadrans
41mm, 68.89g
BC225 - BC217 , Rome

この頃は打刻ではなく鋳造だった。

伝説によればローマはBC753年にロムルスにより建国され、 BC510年に王政を廃止し、BC509年から共和政が始まったと される。だから、一口に共和政と言ってもBC509年からBC27年までの 約5世紀という長い期間になる。
ローマは古くは、銅を秤で量って交換手段としていた(その名残は いろいろな法律手続きの中の「銅と秤によって」という言い回しの 中に残り続ける)。銅の固まりを切って使うのは不便なので、 使いやすい大きさにした不定形の銅の固まり(AES RUDE)や、 銅の延べ板(AES SIGNATUM)が使われるようになる。 コインと言えるようなものが作られるのはBC3世紀初頭からである。
後世の感覚では貨幣をつくるのは最高権力者の権限の ように思えるが、共和政の当時はそれとは異なり 最高位の政務官である2人の執政官は貨幣の発行を担当しない。 最も下位の政務官は財務官であるが、貨幣発行の仕事は まだ財務官にもなっていない人たち (これから出世の階段を昇っていこうとする人たち) によって担当されていた。


古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) ルキウス・ブルートゥス


Copyright(C) augustus

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) ルキウス・ブルートゥス

+ 共和政
--> 共和政ローマ
--> ルキウス・ブルートゥス
--> ポンペイウス
--> ユリウス・カエサル
--> アントニウス
  ----> クレオパトラ7世

+ ユリウス・クラウディウス朝

+ フラウィウス朝

+ 五賢帝の時代

+ セウェルス朝

+ 軍人皇帝の時代

+ 帝国四分割とその後

+ コンスタンティヌスの一族

+ ローマ帝国の黄昏

+ ビザンツ帝国

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
古代ローマ