マクシミヌス・トラクス ( AD235 - AD238 )

+
maximinus_thrax_01 obv. maximinus_thrax_01 rev. Sestertius
31mm, 22.1g
AD235 - AD238 , Rome


+
maximinus_thrax_02 obv. maximinus_thrax_02 rev. Denarius
, 2.84g
AD235 - AD236


普通、彼からを軍人皇帝と言い、短命な皇帝が続く。
彼は、一介の兵士からの叩き上げで、出身地もあまり上品とは言えない トラキアであり、ローマの知識人たちは彼を「野蛮人」と呼んだ。 8フィートを越すという長身と並はずれた怪力、統治の残酷さで 知られている。
AD238年に、アフリカでゴルディアヌス1世と2世による反乱が発生。これはすぐに鎮圧されたが、 元老院によりバルビヌスプピエヌスが皇帝とされ、マクシミヌスは公敵とされる。 マクシミヌスはイタリアへ進軍。アクィレイアを包囲中に自軍の兵士に裏切られ殺害される。


+
maximus_01 obv. maximus_01 rev. Sestertius
31.5mm, 21g
AD236 - AD238


AD216年にローマ軍団の百人隊長であったマクシミヌスの息子として生まれ、235年か236年に副帝とされる。 AD238年に父帝とともに自軍の兵士に殺害される。

アレクサンデル・セウェルス 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) ゴルディアヌス1世


Copyright(C) augustus

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
アレクサンデル・セウェルス 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) ゴルディアヌス1世

+ 共和政

+ ユリウス・クラウディウス朝

+ フラウィウス朝

+ 五賢帝の時代

+ セウェルス朝

+ 軍人皇帝の時代
--> マクシミヌス・トラクス
  ----> マクシムス
--> ゴルディアヌス1世
--> バルビヌス
  ----> プピエヌス
--> ゴルディアヌス3世
--> フィリップス・アラブス
  ----> フィリップス2世
  ----> オタキリア・セウェラ
--> トラヤヌス・デキウス
  ----> ヘレンニア・エトルスキラ
  ----> ヘレンニウス・エトルスクス
  ----> ホスティリアヌス
--> トレボニアヌス・ガルス
  ----> ウォルシアヌス
--> ウァレリアヌス
  ----> マリニアナ
--> ガリエヌス
  ----> サロニナ
  ----> ウァレリアヌス2世
--> クラウディウス2世
  ----> クィンティルス
--> ポストムス
--> ウィクトリヌス
--> テトリクス
  ----> テトリクス2世
--> アウレリアヌス
  ----> セウェリナ
--> タキトゥス
  ----> フロリアヌス
--> プロブス
--> カルス
--> カリヌス
--> ヌメリアヌス

+ 帝国四分割とその後

+ コンスタンティヌスの一族

+ ローマ帝国の黄昏

+ ビザンツ帝国

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
古代ローマ