ユスティニアヌス1世 ( ビザンツ皇帝 AD527-AD565 )

+
justinianus_01 obv. justinianus_01 rev. Follis
40mm, 22.1g


+
justinianus_02 obv. justinianus_02 rev. Tremissis
16mm, 1.44g
AD527 - AD565 , Constantinople


476年、西ローマ帝国滅亡。生き残った東半分の皇帝は、理念的には 全ローマ帝国の皇帝であると主張していた。 ユスティニアヌスは失われた帝国西半分を回復しようと、 ベリサリウスに遠征させる(後にはナルセスを派遣)。 この遠征は一応の成功を収めるが、費用を負担した臣民たちは 戦争・疫病・飢饉の三重苦に苦しめられる。
治世5年目のニカの乱のとき、宮殿から逃げ出そうとするが、 皇后テオドラに叱咤激励されてなんとか反乱を鎮圧する。
ユスティニアヌスはローマ法大全の編纂を命じたことでも 知られている。

ちなみに、肖像を見るといかにも下手くそという感じがする。 この時代になるとコインの肖像のデザインはどの皇帝もほとんど 同じで様式化している。


テオドシウス2世 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)


Copyright(C) augustus

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
テオドシウス2世 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)

+ 共和政

+ ユリウス・クラウディウス朝

+ フラウィウス朝

+ 五賢帝の時代

+ セウェルス朝

+ 軍人皇帝の時代

+ 帝国四分割とその後

+ コンスタンティヌスの一族

+ ローマ帝国の黄昏

+ ビザンツ帝国
--> ユスティニアヌス1世

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
古代ローマ