ディオクレティアヌス ( AD284 - AD305 )

+
diocletianus_01 obv. diocletianus_01 rev. Follis
28.8mm, 9.43g
AD296 - AD305 , Heraclea


+
diocletianus_02 obv. diocletianus_02 rev. Antoninianus
21mm, 3.29g
AD285 , Ticinum


+
diocletianus_03 obv. diocletianus_03 rev. Argenteus
, 3.25g
AD284 - AD305 , Rome


帝国4分割で有名(教科書に載ってますね)。 東西2人の正帝と各々の副帝の4人で統治を分担し、 20年で正帝2人は引退し、副帝に地位を譲ることにした。 彼は本当に引退したのだが、同時に引退したマクシミアヌスの 子マクセンティウス、正帝に昇格したコンスタンティウスの 子コンスタンティヌスが副帝になれなかったことから、 内乱を起こし、何やかやで7人が帝位を争うことになる。

ヌメリアヌス 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) マクシミアヌス


Copyright(C) augustus

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
ヌメリアヌス 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) マクシミアヌス

+ 共和政

+ ユリウス・クラウディウス朝

+ フラウィウス朝

+ 五賢帝の時代

+ セウェルス朝

+ 軍人皇帝の時代

+ 帝国四分割とその後
--> ディオクレティアヌス
--> マクシミアヌス
--> カラウシウス
--> コンスタンティウス1世
  ----> テオドラ
--> ガレリウス
  ----> ガレリア ウァレリア
--> マキシミヌス・ダヤ
--> マクセンティウス
  ----> ロムルス
--> リキニウス
  ----> リキニウス2世

+ コンスタンティヌスの一族

+ ローマ帝国の黄昏

+ ビザンツ帝国

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
古代ローマ