« 多文化空間のなかの古代教会―異教世界とキリスト教〈2〉 | メイン | 碑文から見た古代ローマ生活誌 »

古代ローマ歴代誌―7人の王と共和政期の指導者たち

古代ローマ歴代誌―7人の王と共和政期の指導者たち
フィリップ マティザック(著), 東 真理子(翻訳)
創元社 (2004-09)
¥ 3,780
ISBN:4422215183

ローマ建国からの7人の王、それから共和政時代の有力者たちの事績を時代順、人物別に記述した本。
王政期や共和政初期については伝説上の話も多いのだが、伝説の陰に隠された真実についても考察している。中期になるとスキピオ、ファビウス、大カトー、グラックス兄弟など多くの興味深い話を残した有名人が目白押しである。共和政末期には内乱と政争の中にどろどろした人間模様を見ることができるだろう。

図版も多くて読みやすい。各人物の物語を楽しむのも良いし、共和政人物事典として有効に活用することもできる。

投稿者 augustus : 2006年07月30日 05:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.augustus.to/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/116

コメント

コメントを歓迎します。




保存しますか?



古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)